エクオールを生成できない人が増加している?

2人に1人がエクオールをつくれるといわれている日本人ですが、 若年層になるにつれてエクオール生成率が低くなっています。 10代20代の若い世代では欧米人と同じくらいの人しかエクオールをつくれていないという研究成果が公開されており、 ソイチェックを用いた研究でも、大学生や高校生では20%前後しかエクオール生成者がいないことがはっきりしてきました。

なぜ若い男女の中でエクオールが生成できない人が増加しているのでしょうか。 はっきりしたことはまだわかっていませんが食生活の変化が理由ではないかと考えられています。 あるデータでは年齢別のエクオール生成率と、厚生労働省の国民健康・栄養調査による豆類摂取量 との関係性を示したものがあります。

このデータでは日本人の豆類摂取量のうち97%は大豆が占めています。 豆類の摂取量は60代の男女が一番多く、若くなるにつれて食べる量は減少しています。 政府の推奨摂取量は100gですので、エクオール産生菌をキープするためにも、 毎日の食事にもっと大豆を取り入れることが大切です。

腸内細菌の食べ物となる栄養成分の中に食物繊維が存在します。 こちらも60代の男女が一番摂取しています。若い男女との差は、1日あたり5g。 これはレタスまるごと1個分の食物繊維量に相当します。エクオールとは?

イソフラボンという成分は大豆に含まれています。 イソフラボンの構造は女性ホルモンつまりエストロゲンに類似していることから、 女性ホルモン作用があるといわれていて、更年期症状っを和らげたり骨密度を キープする効果があることで知られていました。

一方、厚生労働省研究班による大規模なコホート研究においても、 食品から摂取するイソフラボン摂取量が多いほど、日本人女性の乳がんや脳梗塞、 心筋梗塞の危険度が低下し、男性の一部でも前立腺がんの危険度が低下するという研究結果が公開されています。

その大豆イソフラボンの健康効果については、個体差があるということが最近の研究で明確になってきました。 食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は腸で吸収されますが、そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される方と、 エクオールという成分として吸収される方がいます。この異なる点によってイソフラボンの健康効果に違いが生じ、 エクオールの方がより高いエストロゲン活性を有することが世間に知られてきました。

腸内細菌がエクオールを生成してくれます。 それでは、なぜエクオールを生成できる人と生成できない人が存在するのでしょうか。 それは、近年着目されている腸内フローラがKEYを握っていました。

人間の大腸には様々な腸内細菌が生存していますが、その中に、大豆イソフラボン(ダイゼイン) からエクオールへチェンジしてくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が発見され、 このエクオール産生菌が活動しているかどうかが大切だということが判明しました。

エクオール産生菌はこれまで10種類ほど発見されていますが、まだ知られていない産生菌がいる可能性があります。 よって、腸内細菌の遺伝子検査だけでエクオールが生成できるかどうかを調査することは、まだ容易ではないようです。

エクオールとは?

イソフラボンという成分は大豆に含まれています。 イソフラボンの構造は女性ホルモンつまりエストロゲンに類似していることから、 女性ホルモン作用があるといわれていて、更年期症状っを和らげたり骨密度をキープする効果があることで知られていました。

一方、厚生労働省研究班による大規模なコホート研究においても、食品から摂取するイソフラボン摂取量が多いほど、 日本人女性の乳がんや脳梗塞、心筋梗塞の危険度が低下し、男性の一部でも前立腺がんの危険度が低下するという研究結果が公開されています。

その大豆イソフラボンの健康効果については、個体差があるということが最近の研究で明確になってきました。 食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は腸で吸収されますが、そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される方と、 エクオールという成分として吸収される方がいます。この異なる点によってイソフラボンの健康効果に違いが生じ、 エクオールの方がより高いエストロゲン活性を有することが世間に知られてきました。

腸内細菌がエクオールを生成してくれます。

それでは、なぜエクオールを生成できる人と生成できない人が存在するのでしょうか。 それは、近年着目されている腸内フローラがKEYを握っていました。

人間の大腸には様々な腸内細菌が生存していますが、その中に、大豆イソフラボン(ダイゼイン)から エクオールへチェンジしてくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が発見され、このエクオール産生菌が 活動しているかどうかが大切だということが判明しました。

エクオール産生菌はこれまで10種類ほど発見されていますが、まだ知られていない産生菌がいる可能性があります。 よって、腸内細菌の遺伝子検査だけでエクオールが生成できるかどうかを調査することは、まだ容易ではないようです。

エクオールを生成できる人は何人くらいいるの?

エクオールを生成できる人の比率は、いろいろな研究で発表されており、日本人で約50%、 欧米人では20~30%といわれています。ソイチェックの研究データでは、エクオールを生成できている人は、 全体の43%(1849名中810名)でした(第24回日本疫学会学術大会発表, 2014)。 7万人を超える人がソイチェックの検査を受けていましたが、今もこの結果とほぼ変わらない割合となっています。

日本以外で、エクオール生成者が多い国をみますと、中国や韓国、台湾など、いずれも大豆を多く食べている地域で あることがわかっています。国や地域によるエクオール生成率の差は、大豆の摂取量や食生活による 腸内環境の違いが要因ではないかとみられています。

関連ニュース